mineo 格安SIM

データ無制限系の速度が遅すぎる件〜u-mobile、b-mobile、ぷららモバイル

2016/07/19

使いものにならないと評判の無制限系の格安SIM

こんな感じで激怒している方も多数のドコモ系の速度データ無制限プランの面々( ˇωˇ )

私自身も「ぷららモバイル」を利用して我慢の限界を迎えたので、最低利用期間内に解約して違約金を払っった経験があります(最初の数ヶ月は良かったんですが)。

1つの結論が・・無制限系は信用するな♪

スマホ中毒の方なら、どうしても惹かれてしまう「無制限」というワード。

そうそう甘い話は無いのが現実のようです。

ま〜考えてみれば当たり前の話かも・・そもそもが格安SIMというのは、ドコモなどのMNOと呼ばれる大手キャリアが、回線を貸して運営しているんですよね(借りてる側がMVNO=ぷららモバイルなどと呼ばれる)。

設備を借りて商売しているのに、料金も安くて、速度も早くみたいな美味しい話はないってことでしょーな( ˇωˇ )

ただプレミアムなどというものも・・

u-mobile プレミアム

料金を高めで、回線速度が速いという設定のU-mobileプレミアムなどというサービスも7月からスタート。

mineoなんかでもプレミアムプランを出すようです。

注意!様子見ないとわからないぜよ!

過ちを繰り返してはいけません。

格安SIMっていうのは、サービス開始してしばらくは回線も速いんですよね。

上で散々こき下ろした、無制限系のSIMも最初は速かったです(笑)

利用者が増えてくると速度がどんどん低下してくるのが格安SIMです。

このプレミアム-プランも最初の数ヶ月は速度が早く評判になるんでしょう。

問題は3ヶ月以降です。

U-mobileも今までのイメージからすれば、イマイチ信用出来ません。

結論から言うと、やっぱり10GBとか制限があるSIMの方が信用できると思うんですよね。

実際に必要なデータ通信量ってどのぐらいだろう?

みんな盲目的に「データ無制限」を求めていないだろうか?

例えばDMM-mobileは15GBプランもあるし、20GBプランもあるんだよね(結構、月額料金は高いけど)。

キャリアの公式HPや、アプリで通信量を計測できるのもあるから、気になる人は調べてみるとハッキリする。

実は5GBプラン、10GBプランで十分って人も多いと思う。

公衆無線LANが無料で使えるMVNOも増えてきているしね。

後は自分の使い方で無駄がないかを、もう一度調べ直すのも有効。

よく聞くのが、Twitter、Instagramの動画を「自動再生」にしていると、無駄な動画を全部再生しちゃうので、LTEの無駄遣いが生じるパターン。

後は、たまーにいるんだけど、部屋でWi-Fiを使ってない人。これは論外だけど、無線LANの設定とか分かってない人がいるんだよなー。

-mineo, 格安SIM